SSブログ

松代横田家 [徒然]

削除したと思ったら古いハードディスクに残ってた。

20200919.JPG

松代の「旧横田家住宅」にあった家系図です。
富岡日記』で有名な和田英も横田家出身。

横田家と箏曲八橋流について、詳しい資料があります。
松代 ~真田の歴史と文化~ 第6号 横田邸復元特集

以下引用
『安永、文化文政の頃徳間村の人、有一座頭(官位)が松代に来て代官町(恐らく藤岡長屋 ― 横田家の真前)に住み、当時上級武士の木村縫殿則茂や禰津権太夫直央に庇護され、この人々の妻や娘や嫁その他に八橋流を教えた。則茂の妻美尾は禰津権太夫の姉で伝免と幼い時有一座頭に習った見事な稽古帳を残している。その兄に嫁した千勢も有一座頭の伝免をもち、千勢の子喜尾、喜尾の子伊豫、その子由婦、由婦の孫真田志ん、志んから子の筆者へと代々伝えて証しの伝免を夫々持っているが、喜代は母と別れた時が八歳であったから恐らく禰津権太夫夫妻や姉の由婦から習う外はなかったであろう。八橋流をその母や権太夫から横田家に伝えたのは伊豫であり、これを習って真田家に伝えたのは由婦で、孫の志んは四、五歳の時から祖母の全曲をうけ継ぎ、更に外祖母喜代からは箏の外三味線曲を箏に直したものを数多く習った。(真田淑子)』


♥(5)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。